本人収入無しでも申し込めるカードローン

貸金業法が改正されて消費者金融からの借り入れが厳しくなってしばらく経ちました。それまでは消費者金融で借りられていた方も総量規制の施行や審査の厳格化に伴って融資を受けにくくなり、専業主婦の方などは配偶者の同意無しに借りることは難しくなりました。しかし、それは貸金業法が適用される貸金業者、所謂「消費者金融」に限定されることであり、対象外となるイオン銀行カードローンBIGであれば専業主婦などの本人に収入の無い方でも50万円までの申し込みを行うことが出来ます。

 

イオン銀行カードローンは総量規制対象外

 

総量規制が有名な貸金業法は、消費者金融などの貸金業者に向けられたものとなります。銀行は貸金業者ではないので総量規制の対象にもならず、その結果がイオン銀行カードローンのように「本人に収入の無い方でも申し込み可能」となっています。銀行の場合は各行がある程度は自由に申し込み条件を定められますので、消費者金融よりも幅の広い貸し付けが可能となります。


 

イオン銀行カードローンの金利と限度額について

2種類のカードローンが用意されているイオン銀行カードローンは、それぞれで金利や限度額はもちろん、申し込み条件も異なります。どちらにしてもイオン銀行カードローンのホームページ上から申し込みを行うことになるので、間違いのないようにしましょう。

 

金利 年利3.8%〜13.8%
極度額 30〜800万円
専業主婦 50万円まで可
資金使途 自由

 

本人に収入の無い方は配偶者の安定した収入があることが条件となります。また、本人に収入の無い方の申し込みは極度額が50万円までとなります。

 

来店不要で申し込めて消費者金融よりも低金利

専業主婦でもアルバイトの方でも申し込めるイオン銀行カードローンは、パソコンでもスマートフォンでも来店不要で24時間いつでも申し込みが可能です。金利は年利3.8%〜13.8%となっているので消費者金融よりも低い水準であり、最大800万円までのゆとりの借り入れでおまとめカードローンとしても十分すぎるスペックであると言えるでしょう。

 

イオン銀行カードローンは専業主婦OK

 

昔は借りられたのに今では借りられなくなってしまった専業主婦のキャッシングも、イオン銀行カードローンBIGなら来店不要でOKです。資金の使い道も事業性資金を除けば自由となっているので、生活費の足しでも教育資金でもレジャーでも目的にあわせて使うことが出来ます。ここまで自由度の高いカードローンは消費者金融では実現しにくい、銀行だからこそのサービスとなっています。


 

所得を証明する書類も提出不要で手続きがスムーズ

イオン銀行カードローンBIGでは、収入を証明する書類の提出は300万円まで不要となっています。消費者金融では50万円を超える融資や他社との借り入れが100万円を超えると所得証明が必要となりますが、イオン銀行カードローンBIGであれば手続きもスムーズです。もちろん申し込みから借り入れまでも来店不要で進められるので、誰にも知られずにこっそりと借りることも可能です。

 

イオン銀行カードローンの申し込み手順

 

利息負担の少ないカードローンで余裕のある返済を

消費者金融の上限金利17.8%や18.0%とは違い、イオン銀行カードローンBIGでは年利3.8%〜13.8%となっているため、利息の負担も抑えられます。100万円の極度額契約であれば借り入れ金利は年利8.8%となるので、消費者金融各社から合計100万円を借りている場合などは、おまとめを行うことで返済にかかる利息負担を大きく軽減することもできるのです。

 

消費者金融の金利と比べて低金利って本当?

上限金利で比較をすれば分かるように、イオン銀行カードローンは消費者金融よりも金利が低くなっています。

 

消費者金融では貸し付け金利(実質年率)に幅がもたれています。4.7%〜18.0%となっているような場合があり、下限金利を見ると低金利と感じるかもしれませんが、実際に借り入れを行う際の契約金利はほとんどの場合で上限金利となります。下限金利で借りるのは通常のフリーキャッシングではない利用方法で、且つ高限度額となった場合ですので、消費者金融と金利比較をするのであれば上限金利で比較をしないと意味が無いことになります。

 

ちなみに、イオン銀行カードローンBIGの場合も年利3.8%〜13.8%と幅がもたれていますが、こちらは線引きが明確となっています。極度額が100〜200万円の場合は8.8%、300万円の場合は7.8%、400〜600万円の場合は4.8%、700〜800万円の場合は3.8%となっているので余計な金利の幅で金利を低く見せるというやり方は行っていません。

 

他の銀行カードローンも考えてみる

イオン銀行カードローンBIGだけでなく他の銀行カードローンも考えてみたい方は、イオン銀行カードローンBIGと同じくオリックス・クレジット株式会社(または新生フィナンシャル株式会社)が保証会社となるオリックス銀行カードローンを見てみると良いでしょう。

 

オリックス銀行カードローンの金利は年3.0%〜17.8%と上限金利だけで見ればイオン銀行よりも高くなりますが、限度額ごとに細かく金利が決められているため、まとまった金額で借りる際には低金利での利用が可能となります。

 

例えばオリックス銀行カードローンで150万円超300万円以下で借りる場合に適用される金利は年6.0%〜12.8%となり、審査の結果によって決まる金利が下限となればイオン銀行カードローンBIGよりも低くなります。

 

月々の返済金額が少なく済むのもオリックス銀行カードローンの良さです。少額利用時で見れば、30万円以下の借り入れ残高で7,000円からの返済、30万円超50万円以下の借り入れで10,000円からの返済となります。まとまった金額を低金利で借りるだけでなく、少額を毎月の返済額を抑えて借りるにもオリックス銀行カードローンは適しています。

 

 
オリックス銀行カードローン
オリックス銀行の良い点

来店も口座開設も不要で手続きが進められ、事業性資金を除けば借り換えやおまとめなど目的や用途に合わせて幅広く借りられます。限度額内であれば繰り返しの借り入れの利用ができ、カードは全国の提携ATMで平日も土日も夜間も終日利用手数料が無料となるため、今後の備えとしてカードを作っておくのも良いでしょう。

金利 年3.0%〜17.8%
限度額 最高800万円
審査時間 最短即日回答
注目のカードローン

所得証明はイオン銀行同様に希望額300万円まで原則不要となり、年齢などの基本条件を満たした本人に安定した収入をお持ちの方であれば申し込みが可能です。

 

 

40代から60代の方に人気

オリックス銀行カードローンは本人に安定した収入をお持ちの方に利用が限られるため、専業主婦の方では借りられません。40代以上などの高い水準で安定した収入を持つ方に人気のカードローンとなっており、急な出費時の借り入れや今後の要りように備えたカードの作成など、使い方は様々です。

 

カードの作成に関しては入会金や年会費といった費用は一切かからず、オリックス銀行での口座開設も不要となるために余計な手間や出費はありません。カードを使わなければお金がかかることはないので、今は必要ないとしても今後に必要なときに素早く借りられる備えとしてもオリックス銀行カードローンは優れています。

 

契約後に郵送で届けられるカードは封筒に入っており、差出人はオリックス銀行名です。封筒を見ただけではカードローンの契約とは分かりづらくなっているので、内緒でお金を借りたい、知られずにカードローンの契約を進めたいと考える方も安心です。

低金利でおまとめにも向いているイオン銀行カードローンBIG

本人に収入の無い方でも申し込みが可能なイオン銀行カードローンBIGは、専業主婦などの方の極度額は50万円となってしまいます。しかし、安定して継続した収入のある方であれば、アルバイトやパートの方でもそれ以上の申し込みをすることも可能です。まとまった金額の借り入れであれば消費者金融よりも金利を低く借りられる可能性も高まりますので、大きな金額の融資を考えている方はイオン銀行カードローンBIGを検討してみましょう。

 

多くの借り入れをイオン銀行カードローンBIGで一本化

多くの借り入れを抱えている方の一本化、おまとめローンとしての利用価値も高まっています。やはり低金利で来店不要で借りられる点が大きく、3社や4社の細かい消費者金融からの借り入れがある方の返済負担を軽減するのに役立っています。ばらばらで借りているものを1社にまとめることが出来れば、今まで以上に楽にスムーズに返済が出来るのです。

 

消費者金融などの高い金利でのキャッシングが複数ある場合は、低金利のカードローンにまとめると利息の負担が大幅に軽減される場合があります。借り入れを1社にまとめられれば返済先も1社の月1回で済むので、返済の手間も軽減されます。

 

イオン銀行カードローンでおまとめ

 

消費者金融で50万円ずつ、17.8%の実質年率で3社から借りているとすると、30日間で発生する利息は3社合計で約21,945円になります。この総額150万円の借り入れをイオン銀行カードローンBIGのでおまとめを行なったとすると、年利は8.8%となるので30日間で発生する利息は10,849円となり、利息負担は約半分となるのです。


 

複数借り入れ一本化するおまとめローンで完済を目指す

借り入れ件数が多くなってくると月々の返済がぎりぎりで、とても余裕のある返済が出来るような状況にはなりません。返済金額の半分ほどが利息になっていることも多く、完済も見えずにただただその場しのぎの返済をしている方も多いことでしょう。しかし、多くの借り入れをイオン銀行カードローンBIGで一本化すれば利息負担の軽減が期待でき、返済もスムーズに進むので完済に近付けることも可能となるのです。

 

どのように利用するかは目的によって決める

低金利で高限度額が魅力のイオン銀行カードローンBIGも、目的通りに使わないと返済で困ってしまうこともあるでしょう。インターネットで手軽に申し込めるためについつい借りすぎてしまうこともあり、事業性資金を除けば資金使途は自由となっていることもあり、無駄遣いをしてしまうこともあります。しっかりと目的を定め、無理なく返済が出来るような返済プランを立てて利用していくようにするとカードローンを大いに役立てることが出来るでしょう。

ある程度は金利面で妥協しても早くに借りたいならプロミス

イオン銀行カードローンの低金利は魅力でも、やはりネックとなるのは借り入れまでの時間です。審査回答にも時間がかかる場合が多く、実際に借りるまでには審査状況によってはかなりの期間がかかってしまいます。

 

金利面はある程度は妥協するとしても、とにかく素早く出来れば今日中に借りたいのであれば、大手消費者金融のキャッシングサービスとなるプロミスの利用も検討してみましょう。大手だけあって女性の方でも安心して利用でき、平日14時までのWeb契約なら来店不要で最短即日の銀行振り込みによるキャッシングも可能です。

 

プロミスのお得な無利息キャッシングを利用する

イオン銀行カードローンと比べるとさすがに金利面では劣りますが、プロミスには無利息キャッシングがあります。メールアドレスとWeb明細利用の無料登録をすると、初回のキャッシングが30日間無利息になります。もちろん無料で登録ができ、さらにはお得なポイントサービスでATM手数料の無料化などにもに使えるので、何かと便利でお得なのです。

 

プロミスは専業主婦などの本人に安定した収入の無い方は申し込みが出来ません。アルバイトやパートによる安定収入があれば問題ありませんが、イオン銀行カードローンとは申し込み条件が異なるのでご注意下さい。